浮気・不倫の代償は大きい

知人の話です。彼女には、出張の多い年上の旦那さんがいました。とてもまじめな男性でした。平均以上の給料をもらっていたようで、新築の綺麗なマンションに住んでいました。しかし、1年の半分は出張で、結婚当時から新婚らしい生活はなかったといっておりました。彼女は結婚を機に地方から都心に出てきたため、周りに心を許せる友人というのがまだあまりおりませんでした。また、子供もいなかったため、ママ友という女性特有の友人もおりませんでした。

そんな彼女が旦那以外の人と恋愛関係になってしまうのは当然とも思えました。結婚4年目のことでした。彼女はパート先の若い男性と知り合いました。旦那は出張ばかりで欲求不満だったというのもありますが、何より出張ばかりのせいで独身気分が抜けていなかったのだと思います。飲みに行く仲になってから、進展は驚くほどの速さでした。

二人は定期的に彼女の家で逢瀬を重ねるようになっていきました。旦那が帰ってきているときは外で短時間会い、電話での連絡はしていませんでした。そのため、絶対にばれていないという自信があったのでしょう。その頃の二人は本当に幸せそうで、周りの忠告や説教なんてまるで聞いていませんでした。そればかりか、忠告されると余計に燃えるような気配さえみせておりました。

そんな関係が8カ月も続いたある日のこと。旦那さんから離婚届けを突き付けられました。自分に紹介してくれるような友達はいないはずなのに、頻繁に出かける彼女を信用していなかった旦那さんは、自宅にカメラを設置し、出張中の彼女の不義の一部始終を録画していたのでした。彼女は泣いて謝りましたが、旦那の気持ちが変わることはありませんでした。結局、彼女は旦那と離婚しました。その後、彼女と若い不倫相手は、元旦那から慰謝料を300万円請求されました。若い不倫相手には資力がなかったため、結局は彼女が全額支払いました。

ほどなくしてその若い男性とも別れていました。遊びだったのだから当然かもしれません。彼女はその後引っ越してしまい連絡はとれなくなりましたが、今でも、不倫に踏み出した時にひきとめておけばよかったと感じています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ