不倫して12年になります

6月 30th, 2014

浮気発見

私には高校生の時につきあってきた人がいました。
その人は中学生のときの同級生だった人です。

中学2年生の時に、クラス替えがあって偶然にも隣の席になった男子生徒でした。
そのころの私の家は父親だけの家庭でしたので、私は心に暗い部分をもっていました。

でもその彼と学校で話をするうちに、彼の優しい言葉や雰囲気にどんどん惹かれていったのです。
私の初恋でした。

でも彼には彼女がいると噂されていましたので私は遠くから彼の姿を追っているだけで満足だったのです。
でも中学の卒業式の日に自分の気持ちを書いた手紙を渡しました。

それで終わりだと思っていました。
でも高校生になって彼から手紙がくるようになってデートするようになりました。

映画をみたりスケートに行ったり楽しい時間は1年半ほど続きました。
高校2年の夏に彼の言葉を誤解してそれっきりになりました。

私は彼の電話にもでませんでした。
高校をでてOLになって同期の知人と結婚しましたけど、その結婚生活はうまくいかずに結局彼に電話で相談をすることになり又付き合うようになりました。

平日の昼間に月に1度会っています。
彼はプロのカメラマンをしています。

もう不倫の関係が12年も続いています。

浮気を知るきっかけは携帯にあり

cg2018

いけないと思いつつも携帯電話を見てしまって、パートナーの浮気を知ったという話はよく聞くものです。
通話からメールからスケジュールから、携帯電話にはありとあらゆるプライベートな情報がたくさん詰まっていますから、その人の同行を知るには適したものでしょう。

本人の許可を得ずに見たものは、どんな決定的なものがあっても正式な浮気の証拠とはなりませんが、感情的には証拠能力があろうとなかろうと関係ないかもしれませんね。
覗き見してしまったという後ろめたさから面と向かって浮気を指摘できない人、そこに至る手段など関係無しに相手を責める人、反応は人によって様々ですが、いずれも携帯電話がなければ発生しなかった苛立ちや戸惑いであることは変わりありません。

携帯電話は、夫婦や恋人同士の関係性を大きく左右するものです。
浮気の疑惑に悩む多くの人の見てよかった、見なければよかったという感情は、いずれも携帯電話を中心に発生しています。

浮気をしている側としては、それならば携帯電話にオートロックをかけておけばいいのだ、という意見もあるでしょう。
浮気を隠すために携帯電話を肌身離さず持ち歩いているという人もいます。

しかしそれも、いきなりロックをかけだしたから怪しい、携帯を手放さなくなったから怪しいという話になるのです。
浮気をしている人にとっても疑う人にとっても、携帯電話は重要なアイテムといえるでしょう。

このあたりは原一探偵の浮気調査の流れと同じ感じです。
詳細はこちらにて>原一探偵事務所の浮気調査の流れ

妻子持ちの男性と不倫し続ける友人

10月 23rd, 2014

妻子持ちの男性と不倫し続ける友人
仲の良い友達が妻子持ちの男性と不倫しています。
会社経営していた相手の人は彼女にマンションをプレゼントしたり、旅行に連れて行ったりととても熱心。
そんな彼に彼女も夢中です。
実は、彼女にも長年付き合っていた彼氏がいて結婚まで考えていたのですが、「不倫相手と比べたらずいぶん見劣りがする」といつも彼女は話していました。
結局、不倫し始めてからは彼氏に対する気持ちも冷めて、しばらくしてから別れることに…。
相手の男性はしょっちゅう彼女に電話してきます。
仕事をしている間でも、家で家族と過ごしている間でも。
彼女はそれだけ愛されていると思って喜んでいますが、同時に、電話越しに聞こえる家族の声が辛いと悲しそう。
「どれだけ自分たちは愛し合っていても、誰にも理解してもらえない」それが彼女の口癖。
私は、他の友人が子供の頃に父親が不倫をして家庭がめちゃくちゃになったという話を聞いていたこともあって、彼女が不倫していることについて批判的です。
どんな場合でも不倫は身勝手なものだと思いますが、子供がいるとなるとなおさら残酷です。
大人の事情なんて子供には関わりのないことなのに、子供はしっかり不倫の悪影響を受けているんですよね。
当の本人たちは気づいていないのか、気づかないふりをしているのか、どちらにしても良識の大人のすることとは思えないんです。
これ以上問題にならないうちに彼女が不倫をやめてくれたらと思いますが、周囲の言葉になんて耳を貸さないくらい盲目的に彼との関係におぼれているみたいです。

結構多いネットでの40代の不倫

9月 25th, 2014

結構多いネットでの40代の不倫
私は自分のサイトで占いをやっています。
それはカード占いです。
カード占いのほかにもアクセサリーを作って販売しています。
もう6年ほどになりました。
私はそのアクセサリーを紹介するブログも書いてきました。
それは5年ほどになります。
そのブログにはお客様の声なども載せています。
そのブログにはコミニティがありまして、自分で自分に似せたキャラを作って広場や公園や自分の部屋で仲良くなった人と2人きりでチャットで会話ができるというものです。
私は40代の女性からそのチャットで占いを申し込まれて鑑定をすることになったんです。
その人はその空間で好きな男性ができて2年ほど電話したりメールしたりといった交流がありましたが、それがそのときにうまく行かずに困っているというものでした。
占いの結果では未来は明るいですよとお伝えしたのです。
今年の5月の連休に彼女はその彼に会いにいったそうです。
私のところにメールがあったのです。
うまく行っています。
ありがとうございますといった内容のものでした。
それから2人は実際に会うことが多くなって事実上の不倫をしてしまっています。
私は不倫はすすめないけど、好きならしかたがないですねと答えています。
ネットでの40代の不倫は結構多いです。

一生一人の相手で本当に満足できるのか?

9月 1st, 2014

一生一人の相手で本当に満足できるのか?
「初恋に勝って、人生に負ける」と言ったのは三島由紀夫でした。
彼の真意は今となっては分かりませんが、初恋がめでたく成就して長年付き合っていたり、そのまま結婚をしたカップルの中でも、その後辛い別れを経験している人も多いように思います。
私自身はそのような経験は残念ながら(?)ありませんが、十代の青春期からの数年や十数年、または数十年の長い間たった一人の恋人とともに過ごしてきた彼らにとって、結果的に相手と別れて失ってしまうというのは、想像以上に辛いことなのではないでしょうか。
私の拙い想像では、彼らは初恋を成就させて、青春を恋人とともに輝かしく過ごし、2人で共に成長し様々な経験を共有していくというのは、かけがえのない価値を与えるいっぽう、その後の致命的な別れが訪れれば、それらすべてを一気に失ってしまうのだと思います。
そして彼らが一見幸せに見える心の内で抱えているのは、「自分は本当にこの相手一人だけで人生を終えて、それで幸せなのだろうか?」という疑念かもしれません。
選択肢というのは、人生のなかでとても大きな比重をしめるものです。
その選択肢が人生の早期にたった一つに決定されてしまうことは、一種の恐ろしさを含んでいるように思います。
実際に、十代の青春期に初恋が実った人ほど、その後の恋愛では乱れていく傾向もあるかもしれません。
スタンリ・ーキューブリックの映画「アイズ・ワイド・シャット」では、地位も名誉も誠実さも備えた医師が、浮気の誘惑と戦いながら、次第に精神的な破滅へと進んで行く様が描かれています。
様々な選択肢があり、そのどれを選ぶかは完全に自分次第である現代、恋愛までいかずとも、肉体関係で様々な経験をしてみたいと思うのは、ある意味当然の欲求だと思います。
その欲求を素直に受け入れるのか、それとも完全に捨て去るのか、あるいは苦悶と葛藤を続けながら異性との関わりを続けて行くのかは、現代に生きる私たちにとって非常に大きな課題だと思います。

ご近所の旦那さまと不倫

8月 6th, 2014

ご近所の旦那さまと不倫
私と彼との付き合いはご近所からでした。
最初、引っ越しの挨拶をされたときから、私は「いい感じの旦那様だな。
」と思っていて、しかし当時は、彼の息子さんとうちの息子の年が一緒と言う事で、学校行事などで会うことがある程度でした。
それから、学校のPTA役員で一緒になりました。
夜の会議が学校であったのですが、その日の会議は帰りが遅くなり、私は自転車で学校に行っていたので、「帰り道がちょっとぶっそうだなぁ。
」と心配になりながらも、自転車置き場に向かいました。
そしたら、彼の方から「自転車で帰るの?危なくない?良かったら近所だし、一緒に車で送ろうか?」と声をかけてきてくれました。
それまでは、ほとんど話したこともなかったので、正直、自転車で帰るのは怖かったので、学校から家までも車で5分だし、まぁいいかなと思い、お願いすることにしました。
そして車を走らせると彼が「遅くまでご苦労様だったね、どこかコンビニで飲み物でも買ってかえる?」と言ってきたので、うなずいて、コンビニに立ち寄ることになりました。
そして、コンビニでコーヒーを買ってきて車に乗り込むと、突然、彼が「こんなこと言ったら絶対ダメなんだけど、実は前から好きだったんだ。
」と言いました。
かなりビックリしたのですが、私も「私の方こそ、引っ越しされてきたときからいいなと思っていたんですよ。
」と告白し、それから付き合うことになりました。
しかし、家族の事もあるので、学校のPTA会議の後だけと決めて、二人でデートしています。

私が浮気をやめた理由について

7月 10th, 2014

私が浮気をやめた理由について
私が浮気をやめた理由は、結婚です。
この人と結婚をしたい!と思う人がいるにも関わらず、結婚が決まるまでは浮気を繰返していました。
繰返すと言っても同じ人で、立場的に言うと不倫にあたります。
不倫といってもお互いに本気ではないし、お互いに都合の良い関係で刺激を与えあって秘密の関係を続けていました。
浮気のキッカケは、ただ単に刺激が少ないからとか、非日常的なことを求めていたとかそんなところで、妻子持ちの彼に特別な感情を抱いていたわけではありません。
お互いに、パートナーがいる立場でのことでしたから変な気を起こす事もありませんから気が楽でしたし、割り切って良い時間を過ごせていました。
結婚してから1度だけ彼と会った事がありましたが特別、罪悪感を感じる事もなく良いガス抜きになりました。
しかしこれを最後に、妻子持ちの彼とあう事はなくなったのです。
この頃、ちょうどバラエティアイドルの不倫報道が話題となっていた事もあり明日は我が身・・・と不倫がばれる事に恐怖感を感じるようになりました。
不倫がばれたら帰る家もなくなり、大切な家族とも顔を合わせる事が出来なくなる・・・彼氏がいて独身と、人妻では浮気をするリスクが違いすぎると思い人並み外れた人生を送る事がないよう浮気から手を引きました。

浮気・不倫の代償は大きい

6月 17th, 2014

知人の話です。彼女には、出張の多い年上の旦那さんがいました。とてもまじめな男性でした。平均以上の給料をもらっていたようで、新築の綺麗なマンションに住んでいました。しかし、1年の半分は出張で、結婚当時から新婚らしい生活はなかったといっておりました。彼女は結婚を機に地方から都心に出てきたため、周りに心を許せる友人というのがまだあまりおりませんでした。また、子供もいなかったため、ママ友という女性特有の友人もおりませんでした。

そんな彼女が旦那以外の人と恋愛関係になってしまうのは当然とも思えました。結婚4年目のことでした。彼女はパート先の若い男性と知り合いました。旦那は出張ばかりで欲求不満だったというのもありますが、何より出張ばかりのせいで独身気分が抜けていなかったのだと思います。飲みに行く仲になってから、進展は驚くほどの速さでした。

二人は定期的に彼女の家で逢瀬を重ねるようになっていきました。旦那が帰ってきているときは外で短時間会い、電話での連絡はしていませんでした。そのため、絶対にばれていないという自信があったのでしょう。その頃の二人は本当に幸せそうで、周りの忠告や説教なんてまるで聞いていませんでした。そればかりか、忠告されると余計に燃えるような気配さえみせておりました。

そんな関係が8カ月も続いたある日のこと。旦那さんから離婚届けを突き付けられました。自分に紹介してくれるような友達はいないはずなのに、頻繁に出かける彼女を信用していなかった旦那さんは、自宅にカメラを設置し、出張中の彼女の不義の一部始終を録画していたのでした。彼女は泣いて謝りましたが、旦那の気持ちが変わることはありませんでした。結局、彼女は旦那と離婚しました。その後、彼女と若い不倫相手は、元旦那から慰謝料を300万円請求されました。若い不倫相手には資力がなかったため、結局は彼女が全額支払いました。

ほどなくしてその若い男性とも別れていました。遊びだったのだから当然かもしれません。彼女はその後引っ越してしまい連絡はとれなくなりましたが、今でも、不倫に踏み出した時にひきとめておけばよかったと感じています。

不倫について考えてみましょう

5月 20th, 2014

不倫について考えてみたいと思います。
私のまわりでも不倫をしているという友人が、何人かいます。
私はそういった話を聞くたびに、なんだか自慢のように聞こえてしまいます。

私が不倫をしていないので、ただのひがみなのかもしれませんが、なんだか自慢話をされていつような気になってしまいます。
多分そういった話をする友人は、困って話を聞いて欲しいだけなのかな、とも思いますが、中には本当に困っているのだろうかと感じる人もいます。
不倫は決して良い事ではないですが、男性、女性として見られているという事でもあります。

年齢を重ねたり、結婚をしてしまうと落ち着いてしまって、ただのおじちゃんやおばちゃんになってしまいがちです。
しかし不倫をするという人は、まだ異性として魅力がある人という事でもないでしょうか。
不倫の話をする友人に対して、なんだか負けた感じがしてしまうのは、そういった所から感じる私の敗北感なのかもしれません。

不倫をするのは悪い事ですが、まだ人間として、男性、女性として魅力があるという証でもあるのではないでしょうか。

浮気に関する思いや考察について

4月 25th, 2014

私の友達は、女性なんですが浮気している子がいます。
二股をかけられている彼氏は気付かない様子で、彼女を大切にしているのを見たり、プレゼントをあげているを聞くと、なんとなく複雑な気持ちになってきます。
そんな私も、一度ですが付き合っていた彼氏に浮気されていたことがあります。

なぜわかったのかと言うと、こっそりと彼の携帯電話を見てしまったからです。
置いてある携帯電話を見てしまう女性は、男性にとって本当に嫌ですし、私も良くないやり方をとってしまったと思いました。
しかし、どうしても気になって携帯電話のメールをチェックしてしまったのです。

浮気は、付き合っている恋人を裏切ってしまう行為になってしまいます。
また、恋愛をするにあたっても、カップルの間では浮気をしていないのではないかという不安は、少なからずあるのだと思います。
浮気がばれると恋人の関係がかなり悪化して壊れることが多いなと思います。

私は彼の浮気の後、怒りと悔しさが心を苦しめて、当然二人の関係は崩れ去り悲しい思い出となりました。

旦那と彼氏が2人でも足りない主婦

2月 26th, 2014

私が学生の頃に通っていたバイト先で仲良くなった主婦さんがいました。年齢は30代半ばで、綺麗な人でした。最初は優しく仕事を教えてもらっているうちに、次第と仲良くなってプライベートでも遊びに出かけるようになりました。

何回か遊びに出かけた時に、初めてその主婦さんには彼氏がいることを知ることに。働き先の系列のお店に行った時に、急に「あれが私の彼よ」と指を指して、紹介してもらいました。急な紹介だったので驚きましたが、話を聞いていると私が知った時点で7年も前から関係があったとか。

そして、一番驚いたのが、もう一人別の彼氏が同じ勤務先に存在していたということでした。同じ職場の彼氏とはその時付き合って2ヶ月でした。彼女には仲のいい旦那さんがいて、可愛い二人のお子さんもいる。そして、二人の彼氏さんにも奥さんや子供がいました。

彼女がその様な状態になったきっかけを聞いてみると、嬉しそうに「長年続いている彼とは、自分の子供が生まれて間もないときになんとなく告白してからずっと関係が続いており、付き合いたての彼氏とは一人目の彼氏が忙しくて相手してくれない時に都合よく会えるように付き合った。」と語ってくれました。旦那も子供もいて、挙げ句の果てに彼氏も二人いるとなると生活が充実しているように思えました。

ですが、その彼女の口からは「新しい彼氏も、最近仕事が変わって会えないし、そっけないから3番手のダーリンほしいなぁ」と言っていました。彼女のすごいところは旦那・恋人2人の全員を心底愛しているのだとか。現在私は社会人になって、その職場を退職してしまい、彼女とは少しだけ疎遠になってしまいましたが、今は何人くらい彼氏が出来ているのか少し興味の湧くところです。